商品紹介FLOWERS

JR博多駅 マイング内にある【DAY&FLOWER】。
店名の通り、日常に彩りを添える花たちを取り揃えております。
忙しい毎日にひとさじの癒しを・・・
お仕事帰りに・お買い物帰りにぜひお立ち寄りください。

January1月のお花

梅
不屈の精神、高潔

古くから庭木として親しまれてきた梅は早春の訪れを告げる花として親しまれてきました。「枝物」と呼ばれるタイプの切り花での販売になりますので根元割り(根元に十文字または一文字の切り込みを入れる・木づちなどで根元をたたいき根元を広げる)をして水をあげてください。

サクラソウ
サクラソウ
初恋、純潔

中央から1本の花茎を出して、数輪の花を咲かせる、高原や山地のやや湿った草原などに生える多年草です。

February2月のお花

ミモザアカシア
ミモザアカシア
秘められた愛、友情

黄色のポンポンした花が可愛いミモザアカシアは最近では切り花としても愛されるようになってきました。日向を好み寒さが苦手な性質なので、日当たりのいい室内での鑑賞がおすすめです。

ニオイスミレ
ニオイスミレ
高尚、秘密の愛

香りのよい花をひそやかに咲かせて、花が少ない季節を彩ります。肥沃で水はけのよい土を好みます。暑さにやや弱いです。

March3月のお花

スイートピー
スイートピー
束の間の喜び、わずかな楽しみ

名前を聞いただけで歌を口ずさみたくなる甘い香りのスイートピーは鉢植えにするとぐんぐん伸びるつる性のお花です。日当たりと風通しの良い環境で水はけのよい弱酸性の土壌が適しています。

ワスレナ草
ワスレナ草
真実の友情、誠の愛

こぼれ種でどんどん増える強い植物です。ひとつひとつの花は米粒サイズの小さな花です。日当たりが良くて風通しがよい場所が好みです。できれば日当たりがいい場所がよいです。

April4月のお花

レンギョウ
レンギョウ
予測、期待

漢方薬としても使われ、平安時代の書物にも名前が記されているレンギョウは、肥料をあまり必要とはしない強さの反面、日照不足が大きな弱点です。日当たりの良い場所でたっぷりの水をあげてください。

アルストロメリア
アルストロメリア
持続、エキゾチック

鮮やかな花色と条斑が相まって、華やかでエキゾチックな印象の植物です。乾燥気味の環境を好みます。庭植えの場合はほぼ降雨のみで大丈夫です。

May5月のお花

ラナンキュラス
ラナンキュラス
とても魅力的

幾重にも重なる花びらが艶やかなラナンキュラスの切り花を花瓶に生ける際は水を少なめに活けてください。とてもデリケートな茎なのでたっぷりの水につかると傷んでしまうからです。

シャクヤク
シャクヤク
恥じらい、慎ましい

5月のウェンディングブーケに人気のお花です。庭植えより鉢植えのが育ちやすくたっぷりの肥料を好みます。

June6月のお花

ユリ
ユリ
純粋さ、愛らしさ

いつまでも眺めていたい美しさ・可憐さを備えたユリですが、切り花を長持ちさせるためにはまず、切れ味の良いはさみで切り口より2cm程上のところを水中で切ってください。また水はこまめに交換してください。

アジサイ
アジサイ
辛抱強い愛、家族団欒

日本で古くから愛されてきた花木。初心者でも育てやすく、洋風の庭にも和風の庭にもおしゃれにマッチし、毎年かわいらしい花を楽しめるのが魅力です。アジサイは日陰でもよく育つと思われることが多いようですが、本来は日光を好む植物です。少なくとも半日以上日光の当たる場所が理想的です。

July7月のお花

アンスリウム
アンスリウム
戯れの恋、情熱

ハート型の光沢のある鮮やかな色が特徴的なアンスリウムは、その華やかさからも贈り物にも人気の高いお花です。日照不足だと花に元気がなくなる、日当たりのよすぎる場所では日焼けして色あせてしまうちょっと手間のかかるところが花言葉の通り情熱的な人の様で一層魅力的です。

サルビア
サルビア
幸福な家庭、家庭の徳

燃え立つような濃い鮮やかな赤色の花が群れ咲く様子は、サルビアならではのものです。発芽適温は20~25℃と高温性なので、適温下でまくことが大切です。

August8月のお花

オンシディウム
オンシディウム
気立てのよさ

チョコレートのような甘い香りのオンシディウムは乾燥している室内では必ず霧吹きなどで保水してください。切り花でも約1か月児という長い開花期間を楽しめます。

向日葵
向日葵
憧れ、あなただけを見つめる

真っすぐに伸びた茎の先に大きな花を咲かせる夏の代名詞とも呼べるヒマワリは、日当たり水はけのよい場所でぐんぐん育ちます。

September9月のお花

カンパニュラ
カンパニュラ
感謝、謝辞

ラテン語で【小さな鈴】を意味するカンパニュラは、優しい姿とは裏腹に、耐寒性が強く病害虫も少ないというたくましさも兼ね備えています。

シオン
シオン
追憶、君を忘れない

日当たりと水はけの良い場所でしたらよく育ち乾燥にも強いシオンは、宿根アスターの仲間で日本原産でとても丈夫な花です。

October10月のお花

アマリリス
アマリリス
自尊心、内気、輝くばかりの美しさ

長くて太い茎の先に、ユリによく似た大きめの花を複数つけるアマリリス。その華やかな佇まいから人気の高い球根植物です。日光を好みますのでよく日の当たる室内で管理してください。水やりは土の表面が乾いたら株元に与えてください。長雨にはあてないようにして、風通しと水はけのよい土で育てることが大切です。

コスモス
コスモス
乙女の真心、調和

生命力の強さ、色の豊富さ、しなやかな強さを併せ持つコスモスですが、水持ちがよくないので水切りをこまめにすることで花が長持ちします。

November11月のお花

ダリア
ダリア
移ろい、気品

シックな花色と抜群の存在感が人気です。ダリアは熱帯の高地が原産の花なので、乾燥には比較的強く、過剰な湿気を嫌います。土の表面が乾燥したら、鉢カバーから鉢を取り出し、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと灌水してください。水やりのタイミングは午前中が最適です。

カンツバキ
カンツバキ
愛嬌、謙譲

古くから日本人に親しまれてきた冬の鮮やかな彩りの寒椿(カンツバキ)は、水はけの良い日向から半日陰を植え付け場所に選ぶ繊細なお花です。

December12月のお花

クリスマスローズ
クリスマスローズ
不安をやわらげて、安心させて

寒く指が凍える冬の季節に春が来る喜びを知らせてくれるクリスマスローズ。1年を通して必ず戸外で管理してください。寒さに大変強いので、冬も戸外で問題ありません。土の表面が完全に乾いたら、株元にたっぷりのお水を与えてください。水やりのタイミングは午前中が最適です。

グレープヒヤシンス
グレープヒヤシンス
通じ合う心、寛大な愛

一見するとブドウの実のように見えることから、グレープヒヤシンスと名付けられたこの花は日当たり水はけのよい場所が適地です。